幻の櫂寄せ製法で戦前の「にがり豆腐」をつくる佐藤とうふ店のホームページへようこそ!
天然にがり豆腐 佐藤のとうふ〜佐藤のこだわり〜

  当店のにがり豆腐は戦前の製法通りに櫂を用い高温の豆乳ににがりのみを加えて寄せ(凝固)させる『本物のにがり豆腐』です。当店のにがり豆腐と同じ製品は他店にはございません。

「寄せ」に時間と手間をかけます。  

  • 戦前の製法通り櫂による「寄せ(凝固作業)」は20分程度の時間と手間をかけます。
  • 経験とカンによる手作業の寄せで、機械による寄せは用いません。
  • 数秒で寄せる戦後の製法(ワンツー・一発寄せ等)は用いません。
  • 全行程で3時間程度を要する手作り製法です。
「にがり」のみで凝固させます。
  • 純粋な「にがり(塩化マグネシウム)」のみで凝固させます。
  • 大豆の味を消し、水分も凝固させる他の凝固剤(硫酸カルシウム・GDL等)は一切使用しません。
  • 乳化剤等でにがりをコーティングした「遅効性にがり」を使用しません。
  • 酵素等の保水力を上げ凝固を補助する物質を使用しません。
再加熱で凝固させません。
  • 戦前の製法通り高温の豆乳ににがりを注入して凝固させます。
  • 低温の豆乳と凝固剤を混ぜ合わせて再加熱により凝固させる製法は用いません。
豆乳 天然にがり豆腐 製法
(写真↑)抽出される高濃度な豆乳
湯葉 天然にがり豆腐 製法
(写真↑)豆乳の表面に発生する湯葉
戦前の製法通りの消泡剤を使います。
  • 昔ながらの消泡剤(食用油、石灰)のみを使用し、大豆本来の味を引き出します。
  • 最近の主流であるグリセリン脂肪酸エステル等の味に影響を与える消泡剤は一切使用しません。
大豆本来の甘みとコクがあります。
  • 「本物のにがり」と「戦前の製法」で製造しておりますので、もめんには大豆のコク、きぬこしには大豆の甘みがあります。
  • グリセリン特有の甘みやヌルヌル感は一切ありません。
  • 何丁でも食べられる自然な甘みとコクです。
  • 鎖状に凝固するので引っ張るとゴムのように伸びます。プリン状に凝固する事はありません。
箱入れ 天然にがり豆腐 製法
(写真↑)櫂寄せ後の箱入れ

HOME 
新着情報
苦汁(にがり)とは?

戦争で消えた本物の「にがり豆腐職人」(前編)  
戦争で消えた本物の「にがり豆腐職人」(後編)
なぜ出来る?戦前の櫂寄せ製法
佐藤のこだわり 
商品 
沿革 
店舗・お問い合せ  
お買い求めは
試食販売
リンク

サイトマップ
www.satotofu.com
佐藤とうふ店
兵庫県神戸市灘区水道筋2丁目7−27
TEL・FAX 078−801−5528
当ホームページの文章・写真の引用及び転載は禁止いたします。 Copyright(C) 2007-2016 SATO TOFU All Rights Reserved