幻の櫂寄せ製法で戦前の「にがり豆腐」をつくる佐藤とうふ店のホームページへようこそ!
天然にがり豆腐 佐藤のとうふ〜沿革〜

佐藤とうふ店 楠谷店
(写真)昭和31年頃の楠谷店
 昭和4年頃  先代故古田小次郎(明治29年生)が、神戸市長田区で古田豆腐店を開業。
 昭和7年頃  兵庫区湊川市場(現神戸新鮮市場)に店舗移転。
 昭和19年頃  空襲により店舗焼失。
 香川県に疎開し開墾をしながら豆腐造りを続ける。
 にがりは香川県坂出塩田から直接入手。
 昭和28年  神戸市兵庫区楠谷町に於いて豆腐店を開業する。
 昭和31年  現店主の佐藤勝次(昭和16年生)が古田豆腐店で働き始める。
 昭和33年  にがりの入手先を兵庫県大塩塩田に変更。
 昭和40年  古田小次郎引退。
 現店主が店舗を譲り受け、佐藤とうふ店開業。
 病院・学校・企業・自衛隊等への納入を行う。
 昭和48年  大塩塩田の閉鎖により、にがりの入手先を徳島県鳴門塩業に変更。
 昭和58年  神戸市灘区水道筋に店舗移転。対面販売に特化する。
 平成元年  神戸市食品衛生局長賞受賞(食品衛生優良施設)
 平成5年  神戸市長賞受賞(食品衛生優良施設)

HOME 
新着情報
苦汁(にがり)とは?

戦争で消えた本物の「にがり豆腐職人」(前編)  
戦争で消えた本物の「にがり豆腐職人」(後編)
なぜ出来る?戦前の櫂寄せ製法
佐藤のこだわり 
商品 
沿革 
店舗・お問い合せ  
お買い求めは
試食販売
リンク

サイトマップ
www.satotofu.com
佐藤とうふ店
兵庫県神戸市灘区水道筋2丁目7−27
TEL・FAX 078−801−5528
当ホームページの文章・写真の引用及び転載は禁止いたします。 Copyright(C) 2007-2016 SATO TOFU All Rights Reserved.